司法試験・予備試験
対策をするなら
会員ログイン

令和3年予備試験解答速報-憲法-

公開準備中

只今公開準備中です。お待ちください。

解説動画

講師作成の参考答案

解説

憲法の解答速報に限り、サンプルとして、加藤ゼミナールに会員登録をしている方々に限定しないで一般公開しております。憲法以外の6科目の解答速報は、会員登録をしている方々のみ閲覧することができます。

各科目の速報では、表面的な解答筋を紹介するだけでなく、解答筋に至る過程、すなわち、参考答案の背後にある考え方・書き方についても丁寧に説明しています。

予備試験受験生だけでなく、司法試験受験生の方々にも有益な内容になっておりますので、来年以降にも活かせるような汎用性の高い分析をして頂きたいと思います。

本問で大事なことは2つです。

  • 違憲審査の基本的な枠組みで照らしなら問題文を読み、違憲審査の基本的な枠組みを「答案の骨格」として、そこに、判例知識、学説知識、問題文のヒント及びその場で自分が考えたことを「肉付け」する形で答案に反映する。
  • 広告物掲示と印刷物配布とで周辺環境に悪影響を及ぼす程度ないし態様が違うことについて、目的審査又は手段必要性審査で言及する。


問題処理のコツ

まず初めに、本問が「保障→制約→違憲審査基準の定立(主として人権の重要性と規制の態様を考慮)→目的手段審査による当てはめ」という違憲審査の基本的な枠組みを適用することができる事案に属するかを確認します。

本問が違憲審査の基本的な枠組みを適用することができる事案に属するのであれば、違憲審査の基本的な枠組みで照らしなら問題文を読み、違憲審査の基本的な枠組みを「答案の骨格」として、そこに、判例知識、学説知識、問題文のヒント及びその場で自分が考えたことを「肉付け」するイメージで、問題を処理します。

問題文のヒントから本問で問われていることを確認する

問題文33~35行目では、「B市歴史的環境保護条例」案のうち、表現活動を規制する部分の憲法適合性について論じなさい。なお、同条例案と屋外広告物法・屋外広告物条例、道路交通法などの他の法令との関係については論じなくてよい。」とあります。ここから、①本条例案自体の違憲性(法令違憲審査)だけが問われていること、②本条例案の法令違憲審査では「表現の自由」の侵害についてだけ論じればいいこと、③憲法94条違反が不問であることの3点が導かれます。

問題文のヒントから条例による規制の仕組みを正確に把握する

本条例案は、①C地区の特別規制区域内における広告物掲示の原則禁止、及びC地区の特別規制区域内の路上における印刷物配布の原則禁止を定めており、いずれも「C地区の歴史的な環境を維持させる」ことを目的とするものです。

このように、問題文のヒントから、「いかなる目的から(規制の目的)、いかなる自由が(被侵害権利)制約されているか」という規制の仕組みを正確に把握することが重要です。

論述の概要

まず、広告物掲示及び印刷物配布がいずれも「表現の自由」として保障されることについて、「表現の自由」の意義を明らかにした上で、論じます。その際、営利公告の自由についてまで言及するべきは悩ましいところです。屋外広告物は、営利性のあるものに限定されませんし、本件における屋外広告物については、本件印刷物と異なり、「観光客を目当てにして」(問題文7行目)という記述もありません。そうすると、広告物掲示について、営利公告として論じることは求められていないと思われます。印刷物配布については、「特別規制区域内の店舗の関係者が自己の営業を宣伝する印刷物を路上で配布することは禁止されない」(問題文29~30行目)とあるので、印刷物配布のうち営利公告は規制対象外とされています。そうすると、印刷物配布についても営利公告として論じることは求められていないと思われます。したがって、私の答案では、営利公告という点には言及していません。

次に、本条例案が各自由を制約していることについて論じます。制約が認められることは争点ではありませんから、簡潔に指摘すれば足ります。

そして、主として人権の重要性と規制の態様を考慮して、違憲審査基準を定立します。人権の重要性を論じる際には、(1)表現の自由の価値(自己実現の価値及び自己統治の価値)、(2)広告物掲示及び印刷物配布の表現手段としの利便性及び(3)パブリック・フォーラムの理論(大分県屋外広告物条例事件の伊藤正己裁判官の補足意見)に言及することになると思います。規制態様については、(4)事後規制にとどまることと、(5)表現内容中立規制であることに言及することになるでしょう。人権の重要性が高い一方で、規制の態様は強度ではありませんから、中間審査の基準を採用するのが適切であると考えます。

最後に、目的手段審査による当てはめに入ります。私は、広告物掲示と印刷物配布の相違が本問における大きなテーマの1つであると考えています。そこで、私の答案では、両者の相違の一環として、広告物掲示と印刷物配布とではC地区の歴史的な環境を阻害する程度が異なるということを、印刷物配布を規制する立法目的の重要性のところで論じています。手段審査については、参考答案をご確認ください。

総まくり講座との関連性

令和3年予備試験憲法も、令和2年と同様、総まくり講座との相性が非常に良いです。

違憲審査の基本的な枠組みという総論的なことについては総まくり講座の差最重要部分である「第1部  答案作成上の作法」で丁寧に説明していますし、広告物掲示及びビラ配布は、いずれもAランク分野に位置づけており、パブリック・フォーラムの理論(大分県屋外広告物条例事件の伊藤正己裁判官の補足意見)もテキスト・論証集に反映している上、広告物掲示とビラ配布の相違についても口頭で説明済みです。

したがって、総まくり講座のAランク知識だけで、上位答案を作成することができる問題であったといえます。

加藤ゼミナールの販売講座一覧