令和5年司法試験向け 労働法の過去問ランキング

令和5年司法試験向けの司法試験過去問ランキングを公開させて頂きます。

司法試験過去問をやる意味には、3つあります。

①「自分と本試験の距離及び最新の出題傾向(難易・範囲・角度・形式)を把握する」 ⇒ 「自分が目指すべき理想の答案像を把握する」 ⇒ 「自分が目指すべき理想の答案像を書くために必要な勉強内容を把握する」

②分野・論点単位での再度の出題可能性に備える(分野論点単位での書き方の習得も含む)、科目単位での書き方を身につける

③問題文から検討事項を抽出するコツを掴む(本試験特有の問題文の読み方に慣れる)、現場思考問題・分からない問題に対処するための読解・思考・書き方のコツを掴む、文章力を鍛える、情報処理に慣れる、途中答案対策等

①は、今後の勉強の方向性を明らかにする(又は修正する)ためのものです。まず初めに、①のために、令和3年・4年司法試験の過去問をやります。

①を終えたら、②のために、年度が古い順に、司法試験過去問をやります。

③は、①・②の際の答案練習を通じて徐々に鍛えていくものです。

下記のランク表は、②を基準とした場合における過去問の優先順位を示したものです。

司法試験過去問ランキングに関する説明動画

労働法の過去問ランキングに関する動画は、26:08から開始します(青文字部分をクリックして下さい)。

問題ごとのランク

労働法の過去問は令和4年までで34問(17年分×2)もあり、選択科目における受験者全体のレベルが基本7科目に比べると低いことも踏まえると、労働法の過去問を全問隈なくつぶすという方法は得策ではありません。仮に全問やるとしても、Aランク問題以外は、ざっと問題文と解答に目を通して、事例と条文・論点の対応関係や答案全体の流れを確認するにとどめるくらいにしましょう。

労働法重要問題100選講座では、A・Bランク論点をほぼ網羅している上、司法試験過去問の重要部分も取り上げているので、労働法重要問題100選講座を受講している方なら尚更、司法試験過去問を全問隈なくやる必要はありません。

(第1問)

Aランク H18 H22 H24 H25 H26
H27 H29   R1
Bランク H19 H20 H21 H28 R3
Cランク H23 H30 R2  R4

(第2問)

Aランク H18 H24 H25 H27 H30
Bランク H20 H21 H22 H23 H26
H28 R2
Cランク H19 H29 R1   R3 R4