司法試験・予備試験対策なら加藤ゼミナール!

【目次】

 

加藤ゼミナールについて

加藤ゼミナールは、司法試験・予備試験のオンライン予備校です。

代表を務める加藤喬講師(弁護士)は、総合39位・労働法1位で司法試験に合格し、7年にわたる予備校講師活動を経て、法曹教育の機会均等と真の合格実績の実現を理念として加藤ゼミナールを設立しました。

開校当初から大変多くの方々にご利用頂いており、去年は開校から1年で司法試験合格者を110名輩出し、今年は合格者数を212名まで伸ばすことができました。

創業理念は、オンライン予備校で良質な講座を適正価格で提供させて頂くことにより、誰しもが居住地や所属にかかわらずに良質な法曹教育を受けられるようにすることで、法曹教育の機会均等を図って優秀な法曹を輩出し、ひいては法曹サービスを享受する社会全体に貢献することにあります。

加藤代表のメッセージ動画

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

経験と実績が豊富な一流の講師陣

加藤ゼミナールでは、経験と実績が豊富な一流の講師陣による良質な講義を提供させて頂いております。

加藤喬講師は、講師歴10年目であり、特に教材作成と試験対策において圧倒的な支持を得ています。

毎年、自身が担当する基本7科目の試験対策講座から1桁合格者をはじめとする超上位合格者や短期合格者を輩出しており、労働法講座では科目別1位&2位合格者も輩出しています。

  • 5歳から体操を始め、高校3年のインターハイでは個人総合5位入賞を果たす
  • 大学3年生の春に、自分の人生をスポーツから勉強に切り替えようと思い、司法試験の勉強を開始する
  • 慶應義塾大学法科大学院を修了後、労働法1位(2466人中)・総合39位(8015人中)で司法試験に合格(2014年)
  • 合格直後から講師活動をスタートし、2021年5月、法曹教育の機会均等と真の合格実績の追求を理念として、加藤ゼミナールを設立

加藤駿征講師は、経済法1位・総合5位という大変優秀な成績で司法試験に合格し、都内大手法律事務所に勤務にする一方で、法科大学院の学生を対象とした経済法ゼミの経験も有しています。

自身が担当する経済法講座では、開講1年で科目別6位合格者も輩出しています。

  • 経済法1位(受験者865人)・総合5位(受験者6889人)で司法試験に合格(2016年)
  • 都内の大手弁護士事務所に入所し、現在はニューヨーク州の弁護士資格を得るために留学中
  • 弁護士として「下請法の法律相談」(株式会社青林書院)も執筆
  • 加藤ゼミナールで経済法講座を担当する

写真学校卒業後、企画会社のディレクターの時(25歳)、同僚に誘われて司法試験の学習開始し、受験4回目で旧司法試験に合格(1993年、30歳)
以来、LEC、伊藤塾、資格スクエアで30年近く司法試験予備校講師を生業としてきた
講義の丁寧さと分かりやすさに定評があり、近年も、自身が担当する入門基礎講座の受講者から予備試験の短期合格者を多数輩出
加藤ゼミナールでは入門講座を担当

2021.3 上智大学法学部 卒業
2023.3 中央大学法科大学院 修了(総合GPA首席)
2023.11 司法試験合格(総合251位)
受験生時代には加藤ゼミナールの司法試験講座で勉強し、2024年から加藤ゼミナールに参画し、倒産法講座を担当する

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

全ての教材が講師作成の完全オリジナルテキスト

加藤ゼミナールでは、全ての講義において、講師作成の完全オリジナルテキストを使用します。

合計46冊あるテキストのうち、導入テキスト1冊は高野講師が作成し、経済法講座のテキスト2冊は加藤駿征講師が作成し、残り43冊は全て代表である加藤喬講師が作成しています。

テキスト作成に当たっては、徹底したリサーチに基づいて、正確かつ最新の情報をテキストに反映するように心がけています。だからこそ、テキストの高い品質を維持することができています。

全てのテキストが所属講師がいちから作成した完全オリジナルテキストであるという点が加藤ゼミナールの最大の強みであり、テキストの品質の高さは大変多くの合格者・受験生の方々から支持を受けています。

 


ページトップの【目次】
に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

教材タイプを選べるのは加藤ゼミナールだけ

加藤ゼミナールでは、教材(テキスト・論証集)について、製本タイプ26穴タイプの2つをご用意しております。

受講者様は、購入なさる講座の教材について、製本タイプ(無料)と26穴タイプ(有料)のうちお好きな方を選択して頂けます。

教材タイプを選べるのは加藤ゼミナールだけです!

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

令和5年司法試験の合格者数212名

加藤ゼミナールでは、令和4年司法試験では有料講座の受講者様から110名の合格者を輩出し、令和5年司法試験では合格者数を212名まで伸ばすことができました。

基本7科目の講座では、総合1桁~総合10位台の超上位合格を複数名輩出するとともに、総合2桁台の上位合格者を20名以上輩出しています。

労働法の講座では、1位合格者2位合格者を連続して輩出しています。

経済法の講座では、開講1年で6位合格者を輩出しました。

一流の講師陣による完全オリジナルテキストを使った良質な講義だからこそ、これだけの合格実績を出すことができています。

宇波 壮一郎 様

総合7位・労働法2位で司法試験合格

加藤先生の労働法講座がとても分かりやすく、また、試験でいかに点数を取るかに特化して指導してくださる加藤先生の姿に強く共感し感銘を受けたことから、基本7科目の総まくり講座も受講しました。
総まくり講座では、普段あまり説明を受けることのない違憲審査基準の使い方などについても詳しく説明されているうえ、全ての論点が論証化されているため答案に直ぐに活かせる内容にもなっています。また、網羅性も非常に高く、内容は司法試験委員会の理解に沿ったものとなっているため、司法試験でトップクラスの答案を書くための知識を身に付けることができました。

詳しく見る

市川 綱己 様

フルタイム勤務で全科目オールA、総合31位の超上位合格

加藤ゼミナールは、他予備校と比べて「司法試験合格」という目標を達成することに特化していると感じました。
必要な法律の知識だけではなく、司法試験委員会の考え方や過去問の傾向などがきめ細やかに分析されており、合格のためにはこう考えるべきという結論を導いてくれる点が特筆すべき点だと思います。

詳しく見る

森本 悠暉 様

在学中受験で全科目オールA、総合16位の超上位合格

司法試験過去問講座では、出題趣旨・採点実感に基づいた最高レベルの答案例が記載されているため、これを基準に勉強していればまず落ちることはありません。
複数回出題されている論点については、他にどの年度で出題されたかや、その年度の問題との違いはどこかなどにも言及されているため、過去問を体系的に学ぶことができます。刑訴法や行政法をはじめ、近年の司法試験では過去問の焼き回しがかなり多いため、「これは〇〇年のパターン」といった整理ができていることが望ましいと思われます。そのためには、加藤先生の講座で過去問を体系的に学ぶことが極めて有用です。
その問題の解説にとどまらず、本番で使える考え方や問題文の読み方を明確に言語化して教えてくださるため、現場での対応力もかなり鍛えられます。

詳しく見る

Y.K 様

労働法1位(81.99点)のトップ合格

受講を開始したのが司法試験の8か月前だったこともあり、手早く労働法速修テキスト講座を終えることにし、労働法重要問題100選講座を重点的に用いて学習しました。
労働法重要問題100選講座は、一つひとつの問題がシンプルなものですが、その分規範の暗記をする上で非常に有用でした。また、判例の事案をもとに作られている問題も多く、判例の当てはめまで学ぶことができます。
令和5年司法試験の出題内容とも相性も良く、結果的に、非常に高い評価をいただけました。

詳しく見る


ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

オンライン予備校だから実現できる低価格&効率化

加藤ゼミナールでは、講義の全てをオンラインで提供しております。

予備校のオンライン化の最大のメリットは、『学習の効率化』にあります。

オフライン講義だと、1週間に数コマという予備校側が決めたスケジュールに従って毎回校舎に赴き、決められた回数の講義を受講することになるため、自分のペースで勉強を進めることができません。オンライン講義であれば、自分のペースに合わせて1週間に10コマ、20コマ視聴することも可能ですし、倍速機能を使って講義を視聴することも可能です。また、オフライン講義では、移動時間が不要ですし、隙間時間を使って講義の一部だけを受講することも可能です。このように、オンライン講義は、受講者様が各々の事情に応じた学習をすることを可能にするものであり、特に社会人受験生にとって司法試験合格の道を大きく開くものであるといえます。実際、加藤ゼミナールでは、社会人受験生の合格者が多数いらっしゃいます。オンライン講義が社会人受験生にとって法曹の道を大きく開くことは、「法曹の多様性の維持・向上」という司法制度改革の目的に大きく寄与するものであるとも考えております。

また、オンライン予備校では、校舎・教室を抱える必要がありませんし、仕組み化により少数精鋭での運営が可能になるため、品質を下げることなく『低価格での予備校講座の提供』が可能になります。加藤ゼミナールでは、従来の予備校の半分から3分の2程度の価格で司法試験・予備試験講座を提供させて頂いております。良質な予備校講座を低価格で提供できることは、司法試験受験を開始する際の金銭面でのハードルを下げることにより、誰しもが自分の能力を活かして法曹を目指せるようになるとともに、「法曹の多様性の確保・向上」という司法制度改革の目的にも資するという重大な意義を有しています。

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

加藤ゼミナールの司法試験・予備試験講座

加藤ゼミナールでは、全ての学習段階に応じた様々な司法試験講座を用意しておりますので、受験生の皆様には、学習段階も踏まえた各々のニーズに合ったベストな講座選びをして頂くことが可能でございます。

2025年・2026年合格目標の方には2024年度版の司法試験・予備試験対策講座を、2024年合格目標の方には2023年度版の司法試験・予備試験対策講座の受講をお薦めいたします。

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

無料体験講義を視聴する

加藤ゼミナールの販売講座の無料体験講義を公開しております。

講座ごとにある程度まとまりのある数のサンプル講義を視聴して頂けます。

加藤ゼミナールの司法試験・予備試験対策講座の受講を検討なさっている方は、是非ご覧下さいませ。


ページトップの【目次】
に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

『カンニング竹山のイチバン研究所』で紹介して頂きました!

TOKYO MX の『カンニング竹山のイチバン研究所』というテレビ番組で加藤ゼミナールを紹介して頂きました。

『カンニング竹山のイチバン研究所』は、様々な分野における企業のイチバンを紹介するテレビ番組であり、カンニングの竹山さんが所長、乃木坂46の現・元メンバーである伊藤かりんさん・冨里奈央さん・中田花奈さんが研究員を務めています。

番組では、加藤ゼミナール代表の加藤喬講師が、乃木坂46のメンバーの方から取材を受ける形で、加藤ゼミナールのイチバンのこだわりについてお話ししております。

 【放送された動画】

※ 絆ホールディングス株式会社様の二次利用許諾に基づいて動画を掲載しています

【収録後に撮影した写真】

※ 絆ホールディングス株式会社様の二次利用許諾に基づいて写真を掲載しています

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

無料受講相談も実施しております

加藤ゼミナールでは、司法試験・予備試験講座の受講相談を実施しております。

お電話での受講相談を希望なさる方は、こちらから予約をして頂きますようお願いいたします。
お電話での受講相談を予約する

経験豊富なスタッフがマンツーマンで丁寧に対応させていただきます。

また、メールでの受講相談も承っておりますので、こちらから加藤ゼミナール事務局までご連絡くださいませ。
メールで受講相談をする

ページトップの【目次】に戻る場合には、こちらをクリックしてくださいませ。

 

 資料請求も承っております

加藤ゼミナールでは、司法試験講座に関する資料請求を承っております。

郵送、もしくはデータ提供の方法で、司法試験講座のパンフレットをお送りいたします。

※予備試験講座のパンフレットは、現在準備中でございます。