加藤ゼミナールについて

司法試験・予備試験入門講座2024


1.担当講師

司法試験・予備試験入門講座では、導入テキストを除く全ての教材を加藤喬講師が作成し、高野泰衡講師が授業を行います。

高野 泰衡(旧司法試験合格者)

写真学校卒業後、企画会社のディレクターの時(25歳)、同僚に誘われて司法試験の学習開始し、受験4回目で旧司法試験に合格(1993年、30歳)
以来、LEC、伊藤塾、資格スクエアで30年近く司法試験予備校講師を生業としてきた
講義の丁寧さと分かりやすさに定評があり、近年も、自身が担当する入門基礎講座の受講者から予備試験の短期合格者を多数輩出
加藤ゼミナールでは入門講座を担当

加藤 喬(弁護士)

5歳から体操を始め、それからずっと体育会に所属しており、高校3年のインターハイでは個人総合5位入賞を果たす
大学3年生の春に、自分の人生をスポーツから勉強に切り替えようと思い司法試験を目指し、慶應義塾大学法科大学院を修了後、労働法1位・総合39位で司法試験に合格(2014年)
合格直後から講師活動をスタートし、2021年5月、法曹教育の機会均等と真の合格実績の追求を理念として加藤ゼミナールを設立
徹底した過去問分析に基づく試験対策と自身でいちから作成した教材のクオリティの高さに定評があり、加藤ゼミナールのほぼすべてのテキストをいちから作成するとともに、基本7科目、労働法及び法律実務基礎科目の全科目を担当するオールラウンド講師でもある

 

2.基本7科目の導入講義

導入講義では、長年にわたって入門・基礎講座を担当してきた高野講師がメイン講師となって、学習効果を最大化するための「講義の聴き方」、司法試験・予備試験対策としての法律学習における基本事項・重要事項(=「法律学の基礎」)、基本7科目(憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法)の全体像(=「導入インプット」)について合計20時間前後で説明いたします。

導入テキストはこちらからダウンロードして下さいませ。

第1回(学習を始めるに当たって)

 

第2回(法を学ぶ基礎)

 

第3回(憲法1)

 

第4回(憲法2)

 

3.基本7科目の基礎講義

基礎講義は、憲法→民法→刑法→商法→民事訴訟法→刑事訴訟法→行政法の順に全て撮り直します。

現在、2023年版の基礎講義の動画をサンプルとして公開しております。後日、2024年度版のサンプル動画とサンプルテキストに差替えます。

使用教材はこちらからダウンロードして頂けます。
基礎応用完成テキスト

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

 

4.司法試験・予備試験入門講座の販売ページ

担当講師 加藤 喬(基本7科目)
高野 泰衡(基本7科目)
販売価格 定価298,000円(税込)
→リリースSALE価格 268,200円(税込)
カリキュラム
  • 導入講義 20時間
  • 基本7科目の基礎講義 300時間
使用教材
  • 導入テキスト 1冊
  • 基本7科目の講義スライド 7科目分(PDF&印刷紙)
  • 基本7科目の基礎応用完成テキスト 7冊
  • 基本7科目の総まくり論証集 7冊
教材配送
動画配信
講義スケジュールページからご確認ください。
視聴期間 2026年9月末
支払方法 銀行振込(一括&分割)
クレジットカード決済(一括&分割)
販売ページ こちらからお進みください。