講義スケジュール2024 

現在公開している講義スケジュールは暫定的なものです。確定版の講義スケジュールは、2月末のリリース時に発表いたします。

2024年度版の司法試験・予備試験講座

講座名をクリックすると、画面が当該講座の説明箇所に移動します。

総合パック系の講座

基本7科目の論文対策講座

選択科目対策講座

法律実務基礎科目対策講座

 

予備試験合格パック2024

予備試験合格パックは、法律の学習経験ゼロでも予備試験合格から司法試験合格まで目指すことができるフルパッケージプランです。

予備試験合格パックは「入門講座」と「試験対策講座」から構成されており、「試験対策講座」には、基本7科目の論文対策講義のみならず、選択科目対策講義、実務基礎科目対策講義、短答対策講義も含まれます。

経験豊富な高野泰衡講師、労働法1位・総合39位の加藤喬講師、経済法1位・総合5位の加藤駿征講師、中央LAW主席(総合GPA)卒業の深澤直人講師の4名でカリキュラム内の各講座を担当いたします。

法学部であるか、法律の学習経験の有無などを問うことなく、誰しもが、加藤ゼミナールの予備試験合格パックを受講することで、予備試験合格、司法試験合格を目指すことができます。

 【講義スケジュール】

導入講義

高野講師 20h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 導入テキスト
    2月末のリリース時点から配送開始
基本7科目の基礎講義

高野講師 300h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(3月末)→民法(5月末)→刑法(6月中末)→商法(7月末)→民事訴訟法(8月末)→刑事訴訟法(9月末)→行政法(10月末)
  • 基礎応用完成テキスト
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の総まくり講義

加藤喬講師 140h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 基礎応用完成テキスト&総まくり論証集
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の基礎問題演習講義

加藤喬講師 100h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
  • 基礎問題演習テキスト(順次配送)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
基本7科目の予備試験過去問講義

加藤喬講師 50h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年分を除く)
  • 予備試験過去問テキスト
    3月第2週から一括配送を開始(令和6年分を除く)
労働法対策講義

加藤喬講師 50h

  • 労働法速修テキスト講義 30h
    7月末までに、全動画配信&教材配送
  • 労働法重要問題100選講義 20h
    7月末までに、全動画配信&教材配送
経済法対策講義

加藤駿征講師 40h

  • 経済法速修テキスト講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始
  • 経済法過去問講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始(令和6年度分を除く)
倒産法対策講

深澤直人講師 50h

  • 倒産法速修テキスト講義 30h
    8月末までに、全動画配信&教材配送
  • 倒産法重要問題講義 20h
    8月末までに、全動画配信&教材配送
法律実務基礎科目対策講義

加藤喬講師 34h

  • 法律実務基礎科目インプット講義 14h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始
  • 法律実務基礎科目予備試験過去問講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始(令和6年度分を除く)
短答対策講義

高野講師&加藤喬講師 50h

  • 短答インプット講義 40h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始
  • 短答過去問講義 10h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始

講座一覧に戻る

 

司法試験合格パック2024

司法試験合格パックは、法律の学習経験ゼロでも司法試験合格まで目指すことができるフルパッケージプランであり、2024年に新設された新しいプランです。

法科大学院経由で司法試験合格を目指す方に最低化されたカリキュラムを提供いたします。

司法試験合格パックは「入門講座」と「試験対策講座」から構成されており、「試験対策講座」には、基本7科目の論文対策講義のみならず、選択科目対策講義、短答対策講義も含まれます。

経験豊富な高野泰衡講師、労働法1位・総合39位の加藤喬講師、経済法1位・総合5位の加藤駿征講師、中央LAW主席(総合GPA)卒業の深澤直人講師の4名でカリキュラム内の各講座を担当いたします。

法学部であるか、法律の学習経験の有無などを問うことなく、誰しもが、加藤ゼミナールの予備試験合格パックを受講することで、予備試験合格、司法試験合格を目指すことができます。

【講義スケジュール】

導入講義

高野講師 20h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 導入テキスト
    2月末のリリース時点から配送開始
基本7科目の基礎講義

高野講師 300h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(3月末)→民法(5月末)→刑法(6月末)→商法(7月末)→民事訴訟法(8月末)→刑事訴訟法(9月末)→行政法(10月末)
  • 基礎応用完成テキスト
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の総まくり講義

加藤喬講師 140h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 基礎応用完成テキスト&総まくり論証集
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の基礎問題演習講義

加藤喬講師 100h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
  • 基礎問題演習テキスト(順次配送)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
基本7科目の司法試験過去問講義

加藤喬講師 140h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済(令和5・6年分を除く)
  • 司法試験過去問テキスト
    3月第4週から一括配送を開始
労働法対策講義

加藤喬講師 50h

  • 労働法速修テキスト講義 30h
    7月末までに、全動画配信&教材配送
  • 労働法重要問題100選講義 20h
    7月末までに、全動画配信&教材配送
経済法対策講義

加藤駿征講師 40h

  • 経済法速修テキスト講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始
  • 経済法過去問講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始(令和6年度分を除く)
倒産法対策講

深澤直人講師 50h

  • 倒産法速修テキスト講義 30h
    8月末までに、全動画配信&教材配送
  • 倒産法重要問題講義 20h
    8月末までに、全動画配信&教材配送
短答対策講義

高野講師&加藤喬講師 50h

  • 短答インプット講義 20h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始
  • 短答過去問講義 5h
    2月末のリリース時点で全動画配信済&教材配送開始

講座一覧に戻る

 

法科大学院合格パック2024

法科大学院合格パックは、法科大学院入試のために最適化されたカリキュラムを提供するフルパッケージプランでございます。

基本7科目の導入講義(20時間)、基本7科目の基礎講義(300時間:基礎インプット)、基本7科目の総まくり講義(130時間)、基本7科目の基礎問題演習講義(100時間)により、東大・京大・一橋・慶應といった上位校に合格するために必要とされる実力と、法科大学院入学後に司法試験合格を目指す際に土台となる実力を確実かつ効率的に身に付けることができます。

 【講義スケジュール】

導入講義

高野講師 20h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 導入テキスト
    2月末のリリース時点から配送開始
基本7科目の基礎講義

高野講師 300h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(3月末)→民法(5月末)→刑法(6月末)→商法(7月末)→民事訴訟法(8月末)→刑事訴訟法(9月末)→行政法(10月末)
  • 基礎応用完成テキスト
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の総まくり講義

加藤喬講師 140h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 基礎応用完成テキスト&総まくり論証集
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
基本7科目の基礎問題演習講義

加藤喬講師 100h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
  • 基礎問題演習テキスト(順次配送)
    憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)

講座一覧に戻る

 

司法試験・予備試験入門講座2024

司法試験・予備試験入門講座は、予備試験合格パック・司法試験合格パック・法科大学院合格パックのカリキュラムに含まれる入門講座(基本7科目の導入講義20時間&基本7科目の基礎講義300時間)だけを受講して頂けるプランでございます。

予備試験・司法試験入門講座は、法科大学院入試、予備試験、司法試験のいずれについても、基礎固めをするための入門講座としてご利用頂けます。

 【講義スケジュール】

導入講義

高野講師 20h

  • 講義動画
    2月末のリリース時点で全動画配信済
  • 導入テキスト
    2月末のリリース時点から配送開始
基本7科目の基礎講義

高野講師 300h

  • 講義動画(順次配信)
    憲法(3月末)→民法(5月末)→刑法(6月末)→商法(7月末)→民事訴訟法(8月末)→刑事訴訟法(9月末)→行政法(10月末)
  • 基礎応用完成テキスト&総まくり論証集
    憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始

座一覧に戻る

 

総まくり講座2024

総まくり講座は、基本7科目について、論文試験で必要とされる知識(条文、論点等)を答案に書ける形で網羅的に習得することに重点を置いたものであり、中上級者向けのインプット講座の決定版といえる講座です。

科目ごとの特性を踏まえた講義とテキストにより、知識の論文最適化を図り、アウトプットに直結するインプットを完成させます。

講義時間は各科目20時間程度であり、講義では論文知識から短答知識まで反映されている基礎応用完成テキストを使用します。

論文試験で必要とされる知識と方法論が集約されている総まくり講座を受講することで、基本書・判例集を要することなく、トップレベルの実力を身につけることができます。

 【講義スケジュール】

基礎応用完成テキスト
  • 憲法・民法・刑法は、2月末のリリース時点から一括配送を開始
    商法・民事訴訟法・刑事訴訟法・行政法は、3月第2週に一括配送を開始
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済

講座一覧に戻る

 

基礎問題演習講座2024

基礎問題演習講座は、基本7科目の短文事例問題講座です。

1問1分野で捻りのきいていないシンプルな短文事例問題を使い、司法試験過去問や予備試験過去問に入る前にアウトプット面での基礎固めを完成させることを主たる目的とした、短文事例問題演習の決定版ともいえる講座です。

判例・過去問ベースの合計480問の短文事例問題演習を通じて、アウトプット面での盤石な基礎を築き上げます。

単なる法律知識、表面的な解答筋だけなく、問題分析の仕方、論文の答案の書き方といった、答案作成のプロセスについてしっかりと説明しますので、“真の意味での実力”を身につけることができます。

 【講義スケジュール】

基礎問題演習テキスト

順次配送

  • 憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)
講義動画

順次配信

  • 憲法(4月第1週)→民法(4月第3週)→刑法(5月第1週)→商法(5月第3週)→民事訴訟法(6月第1週)→刑事訴訟法(6月第3週)→行政法(7月第1週)

講座一覧に戻る

 

予備試験過去問講座2024

予備試験過去問講座は、各科目14問(平成23年~令和6年)、合計98問の予備試験過去問について解説をする講座です。

徹底した過去問分析に基づく解説講義により、表面的な解答筋だけでなく、解答筋に気が付くために必要とされる問題文の読み方のコツ、科目・分野ごとの答案の書き方、法律文章作成の作法、思考プロセスなども習得できるので、真の意味で過去問をマスターすることができます。

本講座のテキストは「問題文」「解説」「答案」の3部構成です。「解説」部分では、出題趣旨を答案の流れに従って整理した上で、検討事項ごとに条文、判例及び学説等に関する説明を記載しているため、基本書・判例集を使ったリサーチを要することなく、本講座だけで過去問分析を完成させることができます。

 【講義スケジュール】

予備試験過去問テキスト
  • 3月第2週から一括配送を開始(令和6年分を除く)
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年度分を除く)

講座一覧に戻る

 

司法試験過去問講座2024

司法試験過去問講座は、各科目20問(プレテスト、平成18年~令和6年)、合計140問の司法試験過去問について解説をする講座です。

徹底した過去問分析に基づく解説講義により、表面的な解答筋だけでなく、解答筋に気が付くために必要とされる問題文の読み方のコツ、科目・分野ごとの答案の書き方、法律文章作成の作法、思考プロセスなども習得できるので、真の意味で過去問をマスターすることができます。

テキストは「問題文」「解説」「答案」の3部構成です。「解説」部分では、出題趣旨・採点実感・ヒアリングを答案の流れに従って整理した上で、検討事項ごとに条文、判例及び学説等に関する説明を記載しているため、出題趣旨・採点実感・ヒアリングの読込みや基本書・判例集を使ったリサーチを要することなく、司法試験過去問講座だけで過去問分析を完成させることができます。

令和1年から令和5年までの5年分については、6~8枚で検討事項を可能な限り網羅した現実的な超上位答案(想定1位~1桁順位)のほかに、4~5枚で簡潔にまとめた中上位答案(想定100~200位)も用意しております。これにより、理想解と現実解を把握した上で、個々人の記憶力・理解力・筆力等に合った「自分の現実解」を具体的にイメージできるようになります。

 【講義スケジュール】

司法試験過去問テキスト
  • 3月第3週から一括配送を開始(令和6年分を除く)
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年度分を除く)

講座一覧に戻る

 

労働法速修テキスト講座2024

労働法速修テキスト講座は、労働法の入門講座です。

労働法をいちから学習する方でも、試験対策として必要な情報が集約されている本講座だけでトップクラスの実力を身につけることができます。

毎年、多くの方々が本講座を使って労働法をいちから勉強し、労働法で1桁台をはじめとする上位合格を収めております。令和4年~令和5年司法試験では1位合格者2位合格者を連続輩出しています。

労働法速修テキスト講座をはじめとする加藤喬講師の労働法講座は、受験界で圧倒的なシェアを獲得しており、年間で数百人、累計で数千人に受講されています。

 【講義スケジュール】

労働法速修テキスト
  • 7月末までに配送完了
講義動画
  • 7月末までに全動画の配信完了

講座一覧に戻る

 

労働法重要問題100選講座2024

労働法重要問題100選講座は、主要論点を網羅した労働法の短文事例問題講座です。

作問に当たっては重要判例と司法試験過去問を素材にしています。1問につき、問題文1頁・解説1頁・答案2頁前後の3部構成であり、取り上げる論点は1~3個です。

合計100問により主要論点を全て網羅しますので、市販演習書を要することなく、労働法の対策を完成させることができます。

問題ごとにABCのランク付けがあり、令和4年司法試験ではほぼすべての論点がAランク問題から出題され、令和4年予備試験ではAランク問題がほぼそのままの形で出題されました。

毎年、多くの方々が本講座を使って労働法をいちから勉強し、労働法で1桁台をはじめとする上位合格を収めております。令和4年~令和5年司法試験では1位合格者2位合格者を連続輩出しています。

加藤喬講師の労働法講座は、受験界で圧倒的なシェアを獲得しており、年間で数百人、累計で数千人に受講されています。

 【講義スケジュール】

労働法重要問題100選テキスト
  • 7月末までに配送完了

※ 労働法重要問題100選テキストには、労働法速修テキストのページリンクがあるため、労働法速修テキストを完成させてから労働法重要問題100選テキストのページリンクを修正する必要があるという都合上、労働法重要問題100選テキストの配送日を労働法速修テキストの配送日に合わせることになります。

講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済

講座一覧に戻る

 

労働法過去問講座2024

労働法過去問講座は、平成18年から令和6年までの19年分(38問)の司法試験過去問、及び令和4年から令和6年までの予備試験過去問(3問)について、最新の判例・学説、出題傾向及び法制度に従った解説をする講座です。

テキストは「問題文」「解説」「答案」の3部構成になっており、必要な情報が全て盛り込まれているため、自力で出題趣旨・採点実感を読み込んだり、基本書・判例集を使ったリサーチをすることを要せずに、本講座だけで労働法の過去問分析を完成させることができます。

毎年、多くの方々が本講座を使って労働法をいちから勉強し、労働法で1桁台をはじめとする上位合格を収めております。令和4年~令和5年司法試験では1位合格者2位合格者を連続輩出しています。

加藤喬講師の労働法講座は、受験界で圧倒的なシェアを獲得しており、年間で数百人、累計で数千人に受講されています。

 【講義スケジュール】

労働法過去問テキスト
  • 7月末までに配送完了

※ 労働法過去問テキストには、労働法速修テキストのページリンクがあるため、労働法速修テキストを完成させてから労働法過去問テキストのページリンクを修正する必要があるという都合上、労働法過去問テキストの配送日を労働法速修テキストの配送日に合わせることになります。

講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年分を除く)

講座一覧に戻る

 

経済法速修テキスト講座2024

経済法速修テキスト講座は、経済法の入門講座です。

経済法1位・総合5位で司法試験に合格した実務家弁護士である加藤駿征講師がオリジナルテキストの作成から授業まで全て担当いたします。

経済法速修テキストには主要分野の短文事例問題と答案例も反映しているため、インプット講義とアウトプット講義を並行して行われる経済法速修テキスト講座の授業により、経済法に関する法律知識の習得のみならず、インプットから司法試験過去問への架橋をするために必要とされる短文事例問題演習までを終えることができます

経済法をいちから学習する方でも、試験対策として必要な情報が集約されている本講座だけでトップクラスの実力を身につけることができます。

 【講義スケジュール】

経済法速修テキスト
  • 2月末のリリース時点から配送開始
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済

講座一覧に戻る

 

経済法過去問講座2024

経済法過去問講座は、平成18年から令和6年までの19年分(38問)の司法試験過去問、及び令和4年から令和6年までの予備試験過去問(3問)について、最新の判例・学説、出題傾向及び法制度に従った解説をする講座です。

経済法1位・総合5位で司法試験に合格した実務家弁護士である加藤駿征講師がオリジナルテキストの作成から授業まで全て担当いたします。

テキストは「問題文」「解説」「答案」の3部構成になっており、必要な情報が全て盛り込まれているため、自力で出題趣旨・採点実感を読み込んだり、基本書・判例集を使ったリサーチをしたりすることを要せずに、本講座だけで経済法の過去問分析を完成させることができます。

 【講義スケジュール】

経済法過去問テキスト
  • 2月末のリリース時点から配送開始(令和6年度分を除く)
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年分を除く)

講座一覧に戻る

 

倒産法速修テキスト講座2024

倒産法速修テキスト講座は、倒産法の入門講座であり、2024年から新設された選択科目講座です。

中央大学法科大学院を総合GPA首席で卒業した深澤直人講師がオリジナルテキストの作成から授業まで全て担当いたします。

倒産法をいちから学習する方でも、試験対策として必要な情報が集約されている本講座だけでインプットを完成させることができます。

【講義スケジュール】

講義スケジュールが確定した段階で、発表するとともに、講座販売の申込み受付を開始いたします。

講座一覧に戻る

 

倒産法重要問題演習講座2024

倒産法重要問題講座は、倒産法の短文事例問題講座であり、2024年から新設された選択科目講座です。

中央大学法科大学院を総合GPA首席で卒業した深澤直人講師がオリジナルテキストの作成から授業まで全て担当いたします。

作問に当たっては重要判例と司法試験過去問を素材にしています。1問につき問題文1頁・解説1頁・答案2頁前後の3部構成であり、原則として1問1分野のシンプルな問題にしてあります。

過去問演習に入る前の基礎固めに役立つとともに、過去問の穴をカバーすることができます。

【講義スケジュール】

講義スケジュールが確定した段階で、発表するとともに、講座販売の申込み受付を開始いたします。

講座一覧に戻る

 

倒産法過去問講座2024

倒産法過去問講座は、平成18年から令和6年までの19年分(38問)の司法試験過去問、及び令和4年から令和6年までの予備試験過去問(3問)について、最新の判例・学説、出題傾向及び法制度に従った解説をする講座であり、2024年から新設された選択科目講座です。

中央大学法科大学院を総合GPA首席で卒業した深澤直人講師がオリジナルテキストの作成から授業まで全て担当いたします。

テキストは「問題文」「解説」「答案」の3部構成になっており、必要な情報が全て盛り込まれているため、自力で出題趣旨・採点実感を読み込んだり、基本書・判例集を使ったリサーチをすることを要せずに、本講座だけで労働法の過去問分析を完成させることができます。

【講義スケジュール】

講義スケジュールが確定した段階で、発表するとともに、講座販売の申込み受付を開始いたします。

講座一覧に戻る

 

法律実務基礎科目のインプット講座2024

法律実務基礎科目のインプット講座とは、予備試験論文式における民事・刑事実務基礎科目(さらには、口述試験)で必要とされる知識を習得することを目的としたインプット講座です。

民事・刑事実務基礎科目で必要とされる全知識が集約されたオリジナルテキストを使って、要件事実論、出題実績のある民法・民事訴訟法の条文・論点、文書の証拠力、準備書面問題、弁護士倫理、民事執行・保全、事実認定問題(犯人性、共謀など)、供述の信用性、勾留・保釈・接見等禁止、公判前整理手続、証拠意見・証拠調べ・証拠の厳選、証人尋問、伝聞法則、弁護士倫理などに関する知識を網羅的に説明します。

また、執行・保全と弁護士倫理については、予備試験過去問を短文化して全問題をテキストに反映しています。

試験傾向に最適化したテキストと講義により、法律実務基礎科目のインプットを完成させることができます。

本講座では、テキストの作成から授業までの全てを弁護士である加藤喬講師が担当します。

 【講義スケジュール】

法律実務基礎科目完成テキスト
  • 2月末のリリース時点から配送開始
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済

講座一覧に戻る

 

法律実務基礎科目の予備試験過去問講座2024

法律実務基礎科目の予備試験過去問講座とは、オリジナルテキストを使ってサンプル問題、平成23年から令和6年までの合計15年分(民事・刑事で合計30問)の予備試験過去問を解説する講座です。

本講座では、テキストの作成から授業までの全てを弁護士である加藤喬講師が担当します。

オリジナルテキストを使って全問題を解説する本講座により、基本書や市販の解説書などを要することなく、民事・刑事実務基礎科目の予備試験過去問の分析を完成させることができます。

 【講義スケジュール】

予備試験過去問テキスト
  • 2月末のリリース時点から一括配送開始(令和6年分を除く)
講義動画
  • 2月末のリリース時点で全動画配信済(令和6年度分を除く)

講座一覧に戻る